向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

眠気の対策

錠剤

うつ病の治療で用いられる抗うつ剤の多くには、眠気という副作用があるものです。服用している抗うつ剤によって眠気の強さは異なりますが、強い眠気が現れる場合には日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。ここでは、抗うつ剤の副作用として現れる眠気の対策方法について考えていきます。まずは、なぜ抗うつ剤を服用すると眠くなってしまうのか知る必要があります。うつ病の投薬治療時に眠気が生じる理由としては、覚醒物質の抑制・夜間睡眠の悪化などが挙げられます。覚醒物質というのは、眠りから目覚める時に脳内で分泌される物質です。抗うつ剤を服用すると、そういった物質の分泌量が抑制されてしまいます。次に、夜間睡眠の悪化についてです。うつ病の投薬治療の目的というのは、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の分泌量を増加させることにあります。それらの神経伝達物質というのは、覚醒作用を持った物質であるため夜間の眠りが浅くなってしまうのです。夜間の眠りが浅いと、日中強い眠気に襲われてしまうでしょう。覚醒物質を抑制するか、夜間睡眠を悪化させるかは処方される薬によって異なりますので、投薬治療を受ける時には自身がどういった薬を処方されるのか担当医に確認しておくことが大切なポイントとなります。

投薬治療によって眠気が生じているのであれば、まずは様子を見ることから始めます。様子を見て生活支障をきたさない程度の眠気であるなら、そのまま服用を続けても問題ありません。眠気が辛い場合、服用されている薬を分割し1日に服用する回数を増やして、発生する眠気の作用を弱めるといった方法を取ることも可能です。しかし、この方法だと薬を飲み忘れてしまうといったリスクが発生するため、お勧めしません。覚醒物質を抑制してしまう薬であれば、眠る前に飲むというのも一つの手です。薬によっては、寝る前に服用することで翌日丸一日効果が持続するでしょう。効果の短い薬の場合、寝る前に服用する量を増やすことで効果を長く持続させることも可能です。しかし、薬の摂取タイミングや一回の摂取量を変更する時には、事前に担当医に相談することを忘れないようにしましょう。薬によっては、そういった変更によってうつ病治療における効果が薄れてしまったり、身体に悪影響を与えてしったりする可能性があります。