向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

抗うつ剤で太る理由

ウーマン

うつ病を患ってしまった時には、精神科や心療内科を受診して適切な治療を受ける必要があります。その治療方法というのは、カウンセリングによる心理療法や抗うつ剤等による投薬治療です。ここでは、抗うつ剤の投薬治療の副作用について考えていきます。抗うつ剤を服用することで現れる副作用というのは多岐に渡りますが、その中の一つに太りやすくなるといったものが挙げられます。副作用によって太りやすくなってしまう原因には、薬に含まれている抗ヒスタミン作用や抗5HT2c作用、セロトン作用、ノルアドレナリン作用が関係してきます。処方される薬によってそういった作用があるかどうかは異なりますが、それらの作用が強ければ強いほど副作用として太りやすくなるのです。

抗うつ剤の作用である抗ヒスタミン作用や抗5HT2c作用には、食欲を増加させる作用も含まれています。それに対してセロトニンには代謝抑制作用、ノルアドレナリンには代謝亢進作用が含まれます。つまり、食欲増加と代謝抑制作用、代謝亢進作用が合わさることによって、太りやすくなってしまうのです。また、太りやすくなってしまう原因は、抗うつ剤の作用以外にも存在するのです。その他の原因というのは、うつ病自体の症状です。心の病であるうつ病は、食欲に影響を及ぼすこともあります。それは食欲不振として現れることもあれば、過食症として現れることもあるのです。過食症の症状が現れている時には必要以上に食事を摂ってしまいますので、それだけ太りやすくなってしまいます。

抗うつ剤には様々な種類が存在し、その種類によって得られる作用が異なります。前述した通り食欲を増進させる作用を持ったものもあれば、過食を軽減する作用も持ったものも存在します。うつ病によって過食の症状が現れている場合には、過食を軽減する作用を持った抗うつ剤が処方されるでしょう。また、食欲不振といった症状で悩まされている時には、食欲を増進させる作用を持った抗うつ剤が処方されるはずです。ただ、うつ病の度合いによっても処方される薬というのは変わってきますので、自身の状態についてしっかりと医師に説明しましょう。自身の状態について医師に説明することで、医師は最適な薬を選んで処方してくれるでしょう。