向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

離脱症状に注意

薬

抗うつ剤というのは、神経に作用する薬です。うつ病治療ために抗うつ剤を服用している人の中には、服用している抗うつ剤を変更したいと考えている人が少なからずいるかと思います。薬を変更したいと考える理由としては、効果を得られていると感じられないといったものであったり、副作用が辛いといったものであったりといったものが挙げられるでしょう。抗うつ剤というのは、長期的に服用を継続することによって効果が発揮される薬です。もし、飲み始めてまだ間もないという人で、効果を得られていると感じられないといった理由で薬の変更を希望している人がいれば、もう少し服用を継続してみることをお勧めします。それでも効果が得られないようであれば、担当医に相談しましょう。

副作用が強くて辛い場合には、これもまた担当医に相談することによって減薬してもらうか、薬を変更してもらうことが可能です。ただ、薬の変更に関しては注意点が一つにあります。その注意点というのは、抗うつ剤変更による「離脱症状」です。抗うつ剤のような神経に関わる薬剤を突然変更してしまうと、離脱症状が現れることがあります。離脱症状というのは断薬症状とも呼ばれており、耳鳴り・動悸・頭痛・不眠悪夢・倦怠感等、様々な症状が現れるのです。抗うつ剤の副作用よりも辛いものとなるため、薬の変更は慎重に行なわなければなりません。担当医はそういった点まで配慮し、薬を変更する時には細心の注意を払ってくれます。患者側も、そういった症状の発生を避けるために薬の変更を希望する時には担当医の指示に従いましょう。