向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

眠気の比較

ドクター

うつ病の投薬治療で用いられる抗うつ剤には様々な種類が存在し、その種類によって服用として生じる眠気の強さも異なります。副作用で生じる眠気というのは、その強さ次第で日常生活に支障をきたすものとなってしまうでしょう。もし、投薬治療による眠気で悩まされている人がいるのであれば、担当医に相談して他の薬に変更してもらうというのも一つの手です。ここでは、抗うつ剤の種類による眠気の強さを比較していきましょう。様々な抗うつ剤の中でも、最も眠気が強いとされる種類は四環系抗うつ剤と呼ばれるものになります。四環系抗うつ剤は深部睡眠を深める作用に優れているため、朝や昼に飲むと日中の間、強い眠気に襲われてしまうのです。そのため、この種類の抗うつ剤は基本的にうつ病の症状の一つである不眠症で悩まされている患者に処方されます。もし、不眠症の症状が現れていない、または改善されているという人の中で四環系抗うつ剤を服用している人がいるのであれば、担当医に相談してみることをお勧めします。担当医は、必要に応じて投薬する抗うつ剤の種類を変更してくれるでしょう。

眠気の作用が弱い抗うつ剤としては、SSRIやSNRIといった種別の抗うつ剤が挙げられます。SSRIやSNRIはうつ病に治療に対する効果が高く、服用によって生じる副作用も少ないと言った特徴を持った薬です。投薬によって生じる眠気も弱いため、眠気に悩まされたくない人にはお勧めの抗うつ剤となっています。しかし、うつ病の度合いと現れている症状によって治療に効果的な薬というのは異なってくるものですので、最終的な薬の決定は担当医にあります。薬の変更が困難であると言われた時には、減薬可能かどうか聞いてみましょう。服用する薬の量を減らすことでも、生じる眠気を弱めることができるのです。このように、抗うつ剤の種類によって副作用として生じる眠気の強さには違いがあります。うつ病の投薬治療を受ける時には、自身が処方されている薬がどういったものか知り、必要に応じて担当医に薬の変更・減薬についての相談を行ないましょう。