向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

医師に相談する

相談

うつ病を治すために抗うつ剤の投薬治療を受ける時には、自身が処方されている抗うつ剤によって引き起こされる副作用について理解しておくことが大切です。投薬治療というのは長期間続ける必要がり、その間は副作用に耐えなければなりません。そのため、事前にどういった副作用があるのかを知っておくことが大切になるのです。しかし、事前にどういった副作用が現れるのか分かっていたとしても、実際に投薬治療が開始された時には思った以上に副作用が辛く感じられるでしょう。そういったことがあるため、自己判断で服用量を減らしたり、服用自体を中断したりしてしまう人が出てきてしまうのです。

抗うつ剤の副作用は辛いものかもしれませんが、自己判断で減薬・服用を中断してしまうことはお勧めできません。前述した通り、投薬治療というのは長期間続ける必要があります。それは、長期間続けなければ服用している抗うつ剤の効果を得ることができないからです。つまり、勝手に減薬したり服用を中断したりすると、副作用だけが残りうつ病治療のための効果をえられないかもしれないのです。そういった事態を避けるためにも、副作用が辛いと感じた時にはまず担当医に相談することが大切になります。担当医は患者の相談を聞き、治療の効果が無くならないよう服用量を調節したり、服用する薬自体を変更したりしてくれるはずです。うつ病を患ってしまった時には、治療を担当してくれる医師に必要なだけ頼りましょう。