向精神薬によるうつ病治療|抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

眠気の対策

錠剤

うつ病を患っている人の中には、抗うつ剤を服用している人が数多くいるでしょう。抗うつ剤の多くは、副作用として眠気を生じさせるものが多いです。その眠気を対策したいと考える時には、自身が服用している薬について知ることが大切になります。

眠気の比較

ドクター

抗うつ剤の服用によって生じる眠気というのは、服用している薬の種類によって異なります。例えば、四環系抗うつ剤であれば眠気が強く、SSRIやSNRIといった抗うつ剤であれば眠気は弱いのです。

様々な薬

看護師

うつ病治療では、向精神薬による投薬治療が主に行なわれます。症状が軽ければカウンセリングよる心理療法が用いられ、症状の重さによっては投薬治療と心理療法を併せた治療が進められていくのです。ここでは、投薬治療で用いられる向精神薬について知っていきましょう。向精神薬というのは、抗うつ剤や抗不安剤、睡眠薬等の薬剤のことです。実際に治療で処方される薬ついては、うつ病によって引き起こされている症状によって異なってきます。また、向精神薬には副作用が付きものであるため、投薬によるうつ病治療を受ける時には副作用に耐えられるだけの根気が必要になるでしょう。

向精神薬に該当する抗うつ剤には、幾つかの種類が存在します。それら全ての種類を一つひとつ挙げていくと切りがなくなってしまいますので、ここでは抗うつ剤を種別で説明していきます。抗うつ剤の種別は、三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤、SSRI、SNRI等といったものに分けられます。三環系抗うつ剤は最も歴史の古い抗うつ剤であり、最も効果が強力であるといった点が特徴的です。また、三環系抗うつ剤は効果が強力であるがために、副作用も数多く存在するのです。その副作用として、排尿困難・便秘・かすみ目・眩暈・血圧低下・嚥下障害・心機能障害等が挙げられます。三環系抗うつ剤の服用によってそれらの副作用の内、何れかが現れるでしょう。ここで挙げられた副作用の例を見て分かるように、三環系抗うつ剤の副作用には心機能障害といった重篤な副作用が現れることもあります。そのため、この抗うつ剤の使用はうつ病の投薬治療における最終手段(または重度の鬱病を治療する際)とされているのです。

抗うつ剤の種別の内、次は四環系抗うつ剤について説明していきます。四環系抗うつ剤は効果を弱めることによって三環系抗うつ剤のデメリットである副作用を軽減したものであり、不眠症を伴ううつ病の投薬治療で用いられます。四環系抗うつ剤には深部睡眠を深める作用があり、不眠症の症状を緩和することができるのです。SSRIについては、効果が高く副作用も少ないと言ったバランスの良い抗うつ剤となっています。SNRIもSSRIと同様に効果が高く副作用も少ないため、最近ではSSRIとSNRIが処方されることが多くなっているようです。SNRIについては、得られる効果から意欲低下や痛みが強く現れているうつ病の治療時に処方されています。

抗うつ剤で太る理由

ウーマン

抗うつ剤の投薬によるうつ病治療を受けている人の中には、副作用で体重が増えてしまったという人がいるでしょう。もし、うつ病によって食欲不振の症状が現れていないのであれば、医師に体重が増加したことを相談してみることをお勧めします。

医師に相談する

相談

うつ病治療における抗うつ剤などの投薬治療には、副作用が付きものです。もし、副作用が辛いと感じているのであれば、まずは医師に相談しましょう。自身の判断で減薬・服用を中断してしまうと、治療の効果を得られなくなってしまいます。

離脱症状に注意

薬

抗うつ剤には様々な種類が存在し、その種類によって副作用の強さは異なります。もし、処方されている薬を変更したいと考える時には、いきなり別の薬に変えるのではなく徐々に今飲んでいる薬の量を減らし、新しい薬の服用に移りましょう。